2011年12月09日

冬は心筋梗塞に気をつけよう!:予防のための10カ条

1月に心筋梗塞の死亡が最も多い!こんな結果が国立循環器病研究センターの西村邦宏室長の研究グループより報告されたとJapan Medicine Mnthly2011年11月25日号に掲載されました。これによると19万6000件の心停止患者の解析から、1月の死亡が最も多く、次に12月で2月以降減少し、10月から12月にふたたび増える傾向という。同センターはこの結果を踏まえ、冬の心筋梗塞予防10カ条を作成した。

1)冬場は脱衣所と浴室を暖かく
2)風呂の温度は38-40℃と低めに。
3)入浴時間は短めに
4)入浴前後にコップ1杯の水を飲む
5)高齢者や心臓病の方の入浴は家族が声掛け
6)入浴前にアルコールは飲まない
7)上の血圧が180mmHg以上、下が110mmHg以上の時は入浴を控える
8)早朝起床時にコップ1杯の水を飲む
9)寒い野外に出るときは防寒着、マフラー、帽子、手袋を着用する
10)タバコは吸わない

上記を守って健康に冬を過ごして下さいね。

人気ブログランキング 
へ


当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしければ応援よろしくお願いします。

posted by Dr.Yoshi at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記