2011年11月29日

肉食と大腸がん

昔から肉食の人は大腸がんになりやすいというデータは欧米からの報告がありますが、今回日本人でのデータが示されました。2011年11月28日の日経新聞夕刊で国立がんセンターの報告が紹介され、それによると大腸はもとも解剖学的に結腸と直腸に分けられるのですが、45-74歳の8万人を調査対象にしたデータで調査中大腸がんになった人は1145人、うち結腸がん788人、直腸がん357人。それらの患者さんを分析すると、牛肉・豚肉・鶏肉などを毎日100g以上食べる男性は、それ未満の男性に比べ結腸がんのリスクが48%高まり、女性では80g以上食べると48%高まったとのこと。この分量はたとえば外食でランチにとんかつ定食などを食べればすぐにオーバーです。皆さん動脈硬化の予防のみならず、がんの予防のためにも肉の摂りすぎに注意して下さいね。

人気ブログランキングへ
当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加しました。上のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしければ応援よろしくお願いします。
posted by Dr.Yoshi at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月14日

なぜこれは健康にいいのか?

これはなかなか示唆に富む本です。著者は順天堂大学医学部の教授である小林弘幸氏。人が健康で長生きするためには交感神経と副交感神経のバランスが大切と説いています。多くの健康障害は過剰な交感神経の働きでもたらされるため、副交感神経を鍛えることが大切で、例えばゆっくり歩く、ゆっくり呼吸する、ヨガをする、夕食後に散歩するなどが副交感神経を高めるのに有効とのこと。また医師が笑顔だと患者の副交感神経が高まり、病気の治りもはやくなる。さらに副交感神経を高めると運動のパフォーマンスも上がるなどなど。あなたもこの本を読んでよりよい生き方の一助にしてみては?

なぜ健康にいいか.JPG
サンマーク出版 1470円
posted by Dr.Yoshi at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年11月09日

大腸がんとビタミンD

ビタミンDというと骨粗鬆症など骨の病気との関連が言われることが多いが、今回は大腸がんとの関連についての報告です。Reuter’s Newsによると10000人を越える人を対象の18の研究でビタミンDの血中濃度が最も高い人の大腸がんのリスクは、最も低い人に比べ33%も低いという(J Clin Oncol2011.8.27on line版)。さらにサプリや食物でのビタミンD摂取量が最も多い人は、最も少ない人に比べ12%リスクが低かったという。御承知のようにビタミンDは脂溶性ビタミンで、サプリによる大量服用は中毒症状を起こすので注意が必要だが、適度の摂取は骨の強化や大腸がん予防に有効という今回の報告。マグロやカツオにビタミンDは多く含まれるのでこれらの食材を積極的に摂りましょう。
posted by Dr.Yoshi at 14:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記