2011年09月03日

映画:メカニック

この映画は東京滞在中に豊洲のショッピングモールで見てきました。ちなみに東京の映画館は岐阜に比べ座席が少々ゴージャスでした。やはり人の集まるところに投資されるんだなあ・・・
主人公のアーサービショップ(ジェイソン・ステイサム)は殺しのプロ。証拠を残さず依頼のターゲットを確実に仕留めることから”メカニック”と呼ばれる。依頼主からの次のターゲットはは旧知の同僚のハリー(ドナルド・サザーランド)。苦しみながらも仕事を終えるアーサー。ほどなくハリーの息子のスティーブ(ベン・フォスター)に乞われ、殺しのテクニックを手ほどきすることとなる。何も知らないスティーブだが、ふとしたことからアーサーが父親を殺したことを知る・・・ジェイソン・ステイサムは高飛び込みの元イギリスナショナルチーム代表で筋肉美はすごい。高層ビル30階分のワイヤーによる降下のシーンはベンとともにスタントマンなしの迫真演技だ。映画の雰囲気はというと仁義なきヤクザ映画に通じるものがある。そういえばジェイソンは高倉健と少々かぶります。ストーリー自体、少々暗めでかつお見通しの感はあるが、アクション映画の好きな人にはおすすめ。アメ車のシボレーのC-3500のみならず、マセラッティ・クワトロポルテや1966年製ジャガーE typeクーペなど車好きも楽しめます。
監督サイモン・ウェスト、2010年 アメリカ 93分。 ☆☆☆

メカニック.JPG


posted by Dr.Yoshi at 13:32| Comment(0) | 日記